FC2ブログ

やっぱり何事も修行あるのみっすよ。

日記/つぶやき/駄文
02 /10 2019
みなさま、どうもです。

190210.jpg
えいぶるとーん!(※エイドリアーン!!なノリで)


前回のネタを投稿してからというもののブログやめるもやめないも考える気起らないし、退会すんのも面倒くさい。
だからと言って更新すんのも...ふへー、溜息しか出ねぇよ、と。

自業自得なんですけど、前回の記事のおかげでものすごく更新しづらくなったな、と。
書けるネタとしてだけでなく精神的な意味合いでも。
ええ、全くもって「ざまぁみさらせ、ぷっぷ~」なんですけどね。

......。

だあぁぁーーっ!!何もかもどうでもいいから誰か酒を1本恵んでくれよ!
できればアルコール度数40度以上のジンかウォッカかをさ!ウィスキーでもいいぜ!
ただし、安酒限定でおねがいしまーす!(笑)


...なんてみにくいくされげどう。ーー;


そんなわけで、ここ最近、Max/MSPで作ったシンセの都合上、Abelton Live9を使って曲書いてます。(※上の写真)

でも、未だに全然使い方が分からないんですよね。
Cubaseになれ過ぎたせいかLive特有の強い癖になれれないっていうか...。

ちなみにこの記事に言わせれば両者の性格が正反対なんだとか。
Ableton Liveは超直感志向で、Steinberg Cubaseは完璧主義者といわんばかりの論理志向らしい...言われれば確かにそうかも(笑)。

何やかんや言ってもCubaseとは10年以上の付き合いだもんなあ。
最近はCubaseが無駄に重たいからあまりさわりたくないけど、やっぱりCubaseって扱いやすいもんね。
うん、慣れってそんなもんだと思う。Liveユーザーが「Cubaseって堅苦しすぎて扱いづらいじゃん」って言うような感じでさ。

でも個人的な意見として、CubaseとMax/MSPの連携がもっとよかったらなあ、と。
RewireじゃなくてMax for Live的な物をCubaseにもあったら間違いなくLiveは使わないだろうと思うなあ。
というか、「Cycling'74さん、どうしてPluggo(※)の開発をやめたのよ!」と声を大にして言ってやりたい(笑)。
(※Pluggo…MaxパッチをVSTとして使えるようにするためのソフト)

って、文句を言ってもしゃあないな。
使いこなせるように特訓あるのみですな...はあ。(´・ω・`)


ところで、特訓といえばこんなものが...。



"ごまかし"かーらーのーーー...上手くなりたきゃ毎日5時間練習しやがれ!

まあ、そりゃそうだわな、と。
努力こそが成長への近道...ええ、ごもっともでございますよ。

やっぱり変ないい訳ばっかりで何もやらないのが一番アカンわな、と。
すんません、反省します。練習します。

しっかしまあ、この動画みたく正論でオチをつけるのってなんか好きだなあ(笑)。

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

ここまでくると自分でも笑えてくるよ(苦笑)。

日記/つぶやき/駄文
01 /29 2019
みなさま、どうもです。

190128.jpg


触らぬ神に祟りなし

ここ最近起きた全ての事柄に対して思うこと。

変に関わったら痛い目みますからね。
基本的に人って他人の価値観なんか興味なくて、自身にとって都合のいい事しか期待してないと思うんですよ。
だから自身の都合にそぐわないものがくるとすぐに敵とみなして攻撃をしかけるんですよ。

だからなんちゅうか「マッパでスズメバチの巣を突くようなとち狂った行為」に近いっていうかさ。
そりゃススメバチの巣なんか突いたら痛い目にあわされてもしゃあないっていうか。
いかなる理由があるにせよ「下手に突いたお前が悪いんや!」と。
まあ、そりゃそうだわな、と。

そんな痛い目に遭わされるぐらいだったら最初から興味を持たなければいいだけの話なわけで。
「不審物、気付いても触るな」精神になれとでもいうか...。
周りが何で盛り上がっていようが見なけりゃ知ることもないしもめることもないし平和なんですよ。
だから何事も興味を持たなければいい。必要以上に誰とも関わりたくない。正直煩わしい。

......。

まあ、早い話が「お前、どんだけ人嫌いやねん!!」っていう話なんですけどね(苦笑)。


そんなわけで、以降、いつものようにブラックな事(というか、今回はかなり痛い事)を書いているだけなのでBパートに移しました。
読みたい方だけ『続きを読む』をポチりくださいませ。

ではでは。


続きを読む

エロ画像規制もやけど、ネタバレ画像の方もどないかなりませんか?と。ww

日記/つぶやき/駄文
01 /27 2019
みなさま、どうもです。

190127_2.jpg
こちらでもちょっぴり積もっておりましたよん。


ネットって常に『ネタバレのバーゲンセール状態』だと思う。

というか、今の時代、ネタバレを見ずにブラインド(初見)の状態で最後まで進めるなんて難しいんじゃないかと思う。
少なくともネットを見た時点(何かのワードをググった時点)でネタバレは避けられないと思うんだよなあ...。
(だって極端な話が「ネタバレしたくなかったらネット触るな!」って話じゃん...無理だろ(苦笑)。)

こういう事を言うと叱られるけど、(ネタバレ要素を含む)ファンアート的な物も含めネット上のネタバレ行為って(相手はその気が無くても)物凄く悪意を感じるわ...(笑)。

まあ言ってもしゃあないよね。それが『ネット』だもん。--;


でも、一つだけ言いたい...、
Youtubeのサムネイルでネタバレさせんのはやめろ!と(苦笑)。

視聴数アップのための釣りやろうけど、あれは絶対に悪意あるよ!
「見なけりゃいいじゃん!」じゃないもん、「見たくないのに見る前からネタバレさせてやがる!」だもん。
あれはほんまにイラってくる!ムカつきまくりあがりーっ!щ(゚Д゚щ)

うがーーーっ!!(笑)


■余談■
190127_1.jpg
手作りおやつ。

スーパーカップ(バニラ)とホイップクリームにチョコソースを少々...。
最高すぎます...しゃーわせぇー(笑)。

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

ビダン ビゲン ビダルサスーン

日記/つぶやき/駄文
01 /17 2019
みなさま、どうもです。


これはオービタル(笑)。


バード・ボックス・チャレンジと恋愛とかけまして...、

「好きになりすぎても盲目になったらアカン!」
(『目隠しプレイ』なんて音ゲーないし"下ネタ"だけで十分や。)

...これ、昨日投稿しようと思ってたネタのオチで使おうと思ってた文。
ちょっと内容が本来の意図から離れてしまったので全消ししてしまいましたけどね(笑)。
(バード・ボックス・チャレンジに関する苦言ネタを書こうとしてました。)


さて、今回の記事なんですが、タイトルのとおり、『美談』がテーマなんですけど、内容が内容だけに不快な気分にさせてしまいそうだったので毎度の如くBパートに移しました。
大雑把に言うと「ボクさま、美談やらすぐに美談化する人って苦手っすわ~」って内容です。

それでも「問題ないよ!」って方だけ「続きを読む」をポチりくださいませ。
それでは。ノシ


続きを読む

しょうもない事が好きなんスよ。

日記/つぶやき/駄文
01 /06 2019
みなさま、どうもです。


僕の中の今年の初笑い。


ゲームとしてのデルタルーンを知っていなければ面白さが半減する(むしろ「???」ってなる)かもしれないけど、この動画があまりにもおバカ(※褒め言葉)過ぎて...。
ただ一言、「くっだらね~。(爆笑)」と。

つか、映像(ダンス)と音楽が物凄くマッチし過ぎやろ!
(あと、ガードマンのダンスが上手過ぎ!(笑))

というか、よくこの映像と音楽がマッチすることに気づいたなあ...。
うん、この動画を作った人(というか、これを思いついた人)のセンスはスゲェですよ!
いや、マジで!(笑)

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

とっくに明けまして1日が過ぎましたがおめでとうございます(笑)

日記/つぶやき/駄文
01 /01 2019
みなさま、どうもです。

やっぱり初詣って苦手やなあ...。
人、物凄く多いですやん...当たり前の話なんですけども。
(※人混みが超絶苦手)

とういうわけで、改めまして、

明けましておめでとうございます。
今年も良い一年でありますようお互いに無理しない程度で頑張りましょう(笑)。


はっは~、前回の記事で書いたことをそのまんま貼りつけてやりましたよ。

昨日の今日なんでそんな書くこともないんですが...。
そういう訳にもいかないんでとりあえず何か書いておこうか。^^;


もうなんていうか、真面目なシチュエーションが物凄く苦手で...。
それは映画やドラマ、ゲームといった創作物においてもそうなんですけど、シリアスなシチュエーションやらムーディーなシチュエーションがどうも苦手で5分以上はその空気に耐えられないっていうか。
なんか、よく分からないけど恥ずかしくなってくるんですよね。

いや、仕事上のシリアス/ピリピリムードは頭が仕事モードに入ってるから全然大丈夫なんですけど、プライベートモードにおいてはどうもダメで、そういうシチュエーションになるとなんか無性にボケたくなるんですね。
僕の頭の中に寄生してるお笑い怪獣に引き笑いされながら「アホ!そこでボケんかい!」ってけしかけられるっていうか...とにかくクソしょうもない事を言わなきゃやってられないっていうか(笑)。

だから映画とか他人と一緒に見られないんですよね。
そういうの分かってて一緒にネタにしてくれる人ならいいけど、全く知らん人と見てたらそりゃつかみ合いになること間違いなしですもん。
僕が逆の立場やったらそんな奴と一緒に映画見たりやらゲームしたりやらしたくないもんね。

...なんかすみません。--;


■おまけ■
そんなわけで、今年もやりますよ...今年一発目の曲を。



知っている人には知ってるAtmosfearのMotivation。
やっぱりこの時代のディスコサウンドってファンキーでかっこいいよね。

今年はできるだけモチベーションをあげてやっていきたいなあ。
ネガティブなところにどっぷりはまりすぎててやる気を出すのが大変やもんね。--;


ちなみに今年のおみくじは『吉』でございました。
「地道に努力してりゃあ、それなりに結果が出るっしょ?」的なことが書いてあったなあ。

し○たけ占いの今年の上半期の占いでも「今までコツコツやってきたことが、結果出るんとちゃいますかね」的なことが書いてあったんですけど、これは果たして信用していいものか...。
17年と18年はそういう言葉を鵜呑みにして色々と『サイアクなめ』に遭わされたからなあ...って、そういう考え方がアカンねやろうな。

まあ、とりあえずはモチベーションをあげてやっていきましょか。
精神的な物がいつまで崩壊せずにやっていけるかわかりませんけどや(笑)。


今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

駄文祭2018...のつもりが年内の投稿に間に合わなかったよ。

日記/つぶやき/駄文
12 /31 2018

お願い:この記事はあくまでも18年の12月31日に投稿したという体でお読みくださいよう何卒お願い申し上げます。m(_ _)m
(ガッカリなことに実際の投稿は19年の1月1日年明け直後のど深夜です(苦笑)。)



みなさま、どうもです。

いつもなら年末恒例の駄文祭記事を投稿してるところなんですけども、今年はあまりにも余裕がなさ過ぎてそんな事をやってる余裕がないんですね。
というか、一年通してそんなに振り返る事って正直あまりなかったりするわけで...。
いや、本当にこの一年、仕事仕事、間にソフト開発が入ってまた仕事の繰り返しだったので(苦笑)。

仕事の話をネタにすればいいじゃん?ってか?...そんなの出来るわけ無いっしょ。
身近な人間(友人を除いて)の誰が読んでるか分からへんのに、そこから弱み握られるっつうの。
超絶ブラック発言だけど、前回の職場でそういうのにはもうこりごりなんで仕事のネタはまずこのブログでは書かないっす(笑)。


そんなわけで、一年を振り返るような事は今年は書けないんですけど、今年最後に本当の本当にどうでもいい本当の意味での駄文をいくつか書いておこうかななんて思います。
まあ、年末...しかも、年の最後の最後に投稿(できないかもしれないけど)してるので大みそか(または年明け早々)に読まれている人はおられていないだろうと思いますけど、もしおられましたら読み終わった後に「しょーもねー。知らんがな!」とでもツッコんで頂ければ幸いでございます(笑)。

ということで、今年最後の駄文祭(縮小版)を開始したいと思います。

僕の中の今年の一曲


今年の漢字があるんだったら今年の一曲みたいなものがあっても思うんですね。
まあ毎年、『年初め一発目の曲』みたいなものを元旦の記事で書いてるんですけど、今回は今年最も印象に残った曲を書いてみようかなと思います。

そんなわけで、僕が選ぶ僕の中の今年最も印象に残った曲はこちら!



...ゲーム音楽かい!っていうね。
しかも、Detroit: Become Human(今年5月に出たゲーム)だし。

ゲーム自体も物凄く好きなんですけど、プライベートにおいてこの曲には物凄く振り回されましたね。
自作シーケンサーと前回の記事でネタにしたアナログシンセの話なんですけども。

180925.jpg
※件のシーケンサー(現状、ほぼ完成してる)

実はこの曲がきっかけで作り始めたんですよね。
友人をウケさせるために冗談半分で「自作アナログシーケンサーでDetroitを再現してみた」的なYoutuberのようなノリで作って軽いデモ版を送ったら「You、それ、ガチでつくっちゃいなYo!」みたいな感じで話がどんどん膨らんでいって...で、今(前回の記事)に至るっていうか。

というか、シンセも本当はSH-101じゃなくてMini Moogをエミュレートするつもりだったんですね。
...フィルター回路があまりにも複雑すぎるから途中で心が折れましたけど(笑)。

まあ、そんなことはともかくとして、「この曲がきっかけで色んなことが動き始めました」ということで僕の中の今年一曲に選びました。

...最後にハンクは物凄くいい奴です(笑)。


酒を飲んだらSNSをやるな


M-1騒動じゃ無いけど、酔った時のSNSは危険でしかないな、と。
まあ、僕はTwitter やらインスタはやってないんでブログのみなんですけど、ブログも同じですからね。

M-1騒動は...ありゃマスコミとネットがうるさすぎでしょ。しつこいっつうの(笑)。
(当事者間の問題は当事者間だけでもめてりゃいいんですよ。この人らは自分が神にでもなったつもりですかい。)


件の騒動は抜きにして、やっぱり投稿内容を削除できようが「覆水盆に返らず」なんですよね。
履歴は消せてもそれを見た人の記憶までは消せないっていうか。
だからこそ酔った勢いで吐く言葉やら表現は素面の時以上に気をつけないといけないわけで。

自分の場合、おかしな話で酔った時の方が他人に対するコンプライアンスが強化されるんですね。
その代わり、自身に対する自虐というかネガティブ発言は放送禁止レベル級に跳ね上がってしまいますけどね。
まあ、その内容についてはみなまで言いませんけども(苦笑)。

まあ何にせよ酔ったらSNSをしないに越したことないなと。


...これ、最近投稿できなかった言い訳だったりするんですけどね。


作中で中の人(声優さんといった演者)をネタにしたい派?したくない派?


友人とよくネタにする話。

要するに「自分がゲームないしアニメ/映画を観てるとして、その最中に横から中の人(声優さん)をネタに出されても良いか悪いか?」っていう本当にどうでもいい話なんですけども。

僕は物凄く嫌なんですね。
そこ(作品)から離れてネタに出されたらなんとも思わないけど、その最中にネタに出されると物凄くイラってきます。

だって冷めんじゃん。
こっちは真剣に作中の世界観に浸ってんのに外野の人間が外(現実)の話を出されてその世界観から追い出されてるわけやもん。

なんていうか、例えばドラゴンボールのフリーザ様に対して作中においては中尾隆聖さんじゃなくてフリーザ様であってほしいタイプの人間なんです。
アンパンマンは戸田恵子さんじゃなくてアンパン野郎でいいんです。チーズ、バイキンマンもしかり。

いや、もちろん全部を否定するわけやないし、そういうのをネタにしながら見ても面白い時はあるけど、基本的っていうか少なくとも真剣にやってる/見てるときは舞台裏の話を出されたくないっすね。
...まあ、あくまでも僕はやけど。

ね、ほんと、駄文祭にふさわしい「知らんがな」な話でしょ?(笑)


創作のはなし


要するにこれ(↓)に対することなんですけども。
180201.jpg
           ↓  ↓
180121.jpg
※これは1月21日に投稿した記事で貼りつけた画像(ArtOfWords上の設定ドキュメントと脚本もどき)

今年は進むかな~って思ったんですけどね。
年初めから4月頃までは結構やる気あったし...生活にまだ余裕があったからなんですけども。
でも、それは外の事情でことごとくズタズタにされてしまいましたね。
というか、なんやねん。遊びで作り始めたアナログシーケンサーとシンセサイザーを「ちゃんとしたもので作れ」って。
(まあ、これに関してはジョークで文句を言ってるけど、まだちゃんとした状態じゃないからちゃんとしたことを言えない部分もあったりするわけで...。)

で、再び動き出したんが11月中旬ぐらいからなんですよね。
前回/前々回の記事をご覧いただければなんとなく察して頂けると思いますけど、あるブラウザーゲームのサービス停止で「他人の著作物に依存しすぎるのはよろしくない」と悟ったからなんですけども(笑)。

...我ながら馬鹿すぎる理由だな、と。--;
(友達も普通に呆れかえってた。)


で、件の中身なんですけども...なんかね、アレなんですよ。
上手く言えないんですけど、ファンタジーなお話なんですよ。

超大雑把に言ってみると、
「『魔法』というものが普通に使える世界の中で自然属性(火だの水だの)とは異なる特殊な魔法を使える種族の二人の少女が色んな人の欲に振り回される話」
とでも言いますか。
形としてアウトプットできないから何を言おうが「なんのこっちゃい?」な話ではあるんですけども(苦笑)。


やっぱり、ストーリーを考えるのはいいんですけど「絵は描けない」「文章は書けない」っていうのは最悪ですよね。
言ってもドキュメント(設定書+脚本もどき)っていうのは外には出せないですもん。
仮に「正式にちゃんと作ります」ってなったとしてもおそらくRPGツクールで作ると思うしなあ...UnityとかVSとか手出せないし。
というか、未だにC言語(C++、C#含む)と和解できないもんね(笑)。


でも、結構真面目な話、遊びでやっていることとは言え、生きている間に形として残したいよね。
あと何年生きられるか分かんないもん...体力的な意味じゃなくて精神的な意味で。
...なんてブラックな事を年末/年始に書くようなことではないか。^^;

また「口だけで無理だね!」ってツッコまれそうだけど、来年こそは「正式にちゃんと作ります」ってとこまで持っていけるように頑張ろう。
...じゃないと、いい加減友人様に処されそうだから(笑)。


最後にこれだけ言わせて!


お叱り覚悟で言いたいんですけど...、

やっぱりし○たけ占いとは相性が悪いっ!!(笑)

いや、しい○け先生が悪いんとちゃうんよ。
僕の徳が足りひんだけやから。^^;


...なんて言いながら、来年(2019年)も見てるんだろうなあ。




「占いで未来を切り開くことはできないのです」




...そだねー。(※棒読み)



やっと書けたよ~...って、もう1時じゃん。
仕事から帰ってきてずっとブログ書いてたから大晦日のイベントって年越しそばしかなかったですよ~。

というか、何大晦日の日まで仕事させてくれとんねん、と...なんて口が裂けても言えないのは大人の事情なわけで(笑)。

そんなわけで...、

明けましておめでとうございます。
今年も良い一年でありますようお互いに無理しない程度で頑張りましょう(笑)。


そんな感じで疲れ果てたのでもう寝ることにします。
それでは。ノシ

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

僕はジン、ウォッカ派です...名探偵の話じゃなくて。

日記/つぶやき/駄文
12 /27 2018
みなさま、どうもです。




どうも、お久しぶりです。m(_ _)m

なんというか、他人様の著作物に依存しすぎるのはよろしくないな、と。
(※好きになりすぎてハマりすぎるという意味で)

基本的には無関心主義ではあるけど、好きになったらとことんのめり込んでしまう性格なんですね。
だからいざ何らかの諸事情によりそこから抜け出さなければいけない時が物凄く大変なんですよね。(※前回の記事参照(笑))

うーん、他人様の物に完璧な理想を求めること自体が愚行なのであって、やっぱり完璧な理想に浸りたいなら自分で箱庭を作り上げるしかないか...。

...と、そんな事をずっと考えていた1か月半でございました。
うん、「知らねーよ、バカ野郎(※アウトレイジ風に)」っていうね(苦笑)。



さて、今年も残すところあと四日となりましたがいかがお過ごしでしょうか。

ちなみに今年の漢字は『災』だそうで。
...ネガティブすぎやろ?って。

でも、僕からすりゃ、永田町の立派な建物のなかで偉そうに愚政をしてるオッサンどもが存在してること自体が最大の『災』だと思いますよ。
つか、ようUSBも知らんような奴をサイバーセキュリティ担当大臣にしやがったな、と。

これ、真っ当な個人情報保護士やら情報セキュリティ管理士が聞いたらガチで震えあがるで?
「世間はサイバーセキュリティだの個人情報だのってヒステリックになってるのに肝心のトップがズブの素人なんだもんなあ...日本って恐ろしいよな!?」って(苦笑)。


ほんま、やることなすこと全てがウザいっていうか...。
御宅らにとって都合のいい政策じゃなくてもっと下の層にも優しい政策をやって見せろっつうの。
同じ「ウザい」でも『うざいイヌ(Annoying dog)』の方はいろんな意味で笑いと癒しを提供してくれるから怒りしか提供できない御宅らに比べたらはるかにマシやぞ、と。

つか、働き方改革とやらでパワハラ対策やらノー残業だのって言ってるけど真の意味で社内環境を理解してないオッサンどもがそういう思いつきの愚策で次回の選挙の企業票を求めてる時点で既に政府自身が企業(特に下っ端社員に対して)にパワハラしとるやないか、と。
プレミアムフライデー?それ、プレミアムじゃなくてジェノサイド(ファッキン)フライデーとの間違いじゃねえの?と。
早上がりで飲みにでも行って経済効果アップ?だったら税金を減らしてその分を『プレミアム手当て』という形で飲みに行く金にまわせや、このクソb...
おっと、これ以上は愛国者の方々にお叱りを受けそうなのでやめとこ。^^;



話を戻しますけど、僕にとっての今年の漢字は『忙』じゃないかな、と。
生活/お仕事的な意味合いで。
あと、心が亡くなる(より人が嫌いになった)という意味でも...『忙』だけに(笑)。

正直言って、夏前ぐらいから全く余裕がなくなって、今やストレスばかりが溜まっていく一方で、最近になっていよいよ本格的にアルコホリズムちゃんと親友になれそうな感じですよ。
つか、休みの日は酔わなやってられん!兄ちゃん、やっぱり酒はワンカップ大関に限るなぁ!(ヒック!)
...って、そんなんどうでもええねん!(※中川家礼二さん風に)


というか、2月頃に言ってた「今年こそはやるっ!」っていう発言はどこへ行ってしまったんやろ...。

あ、これのことなんですけども。(↓)
180201.jpg

...こほんっ!

やかしぃや!今、おどれらのBGMを作るために毛が抜けそうな想いで必死にシンセを作っとんのやろがいっ!!(マジ怒り)


...あ、すみません。あまりの皮肉発言に我を忘れてガチでキレてしまいました。
僕としたことが...いやいや、お恥ずかしい。^^;


ええ、作っておりますよ...夜な夜な寝る間を惜しんで。
アンテ/デルタルーン好きの日本のアニメ・漫画オタクのカナダ人の友人(※マーティさんばりに日本語ペラペラ)の協力のもと。
元々シーケンサーを作るはずだったのに今やそれをテストする用に作り始めたシンセの方がメインになってますけど。
(※Live9で自作プラグインシンセとして使うため)

181227_101.jpg

181227_101-2.jpg
※画像をクリックすると拡大写真が見れます。

『劣化コピー(bastardization)』という名のアナログモノシンセでございます。
(上がスタンドアロン(自作シーケンサー)&MIDI用、下がLive9(Max for Live)用)

シンセに詳しい人には分かると思いますが、見た目からしても名機Roland SH-101をモチーフにしたシンセでございやす。
まあ、作っていくうちに協力してもらった友人に「もうコピーじゃなくてオリジナルシンセを作っちゃえば?」っていう感じで元の面影は全くなくなってしまいましたけど(笑)。
(※SH-101には三角波やらFM、ユニゾン(Super Saw)といったものは搭載されていない)


...と、まあそんな感じでございますよ。
まだまだ書きたいことはあるんですけど、これ以上書くとバカみたいに長くなってしまうのでここでいったん打ち切りにさせて頂きます。^^;

それでは。


今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

しばらく休みます。m(_ _)m

日記/つぶやき/駄文
11 /09 2018
みなさま、どうもです。




突然ですが、今回の記事でちょっとの間ブログの更新をストップしようと思ってます。

理由は「ブログを続ける事に対して(自分への)価値を見出せない」から。

こっちの都合の話だから「知るか、ボケッ!」な話ではあるんですけど、現状、物凄く疲れてる(と思われる)状態で、何一つまとも(※ポジティブ的な意味で)な事が書けるような精神状態じゃないんですね。
何と言うか誰ぞの曲名を捩って言うならば『Hopeless and Dreamless(夢も希望もありゃしない!)』とでも言いますか...。
こういう事を言うと前回の記事で出てきたカナダ人の友人にお叱りを受けるんですけどね。
(※この人、Undertaleの大ファンだから(笑))

と、そんな友人しかりネット上の人間(アンテ・ファン)を敵に回すような発言はともかくとして、現状、クソッたれな精神状態から抜け出せそうにもなく、何を書いてもドロドロとしたような他人様を不快にさせるようなネガティブな事しか書けないということ。
それはここに来られた方からする気分を害する以外の何でもないんですね。書いてる方も不快な気分でしかないし。
だったら書かない方がマシじゃない?という判断に行きつき更新ストップを決めた次第です。


まあ、少し落ちつたら何のアナウンスもなしにまた更新してると思いますけど、とりあえずは「そういうことだから」という事を理解いただけたら幸いわいです。

他人様に価値のあるようなブログでない事は重々理解しておりますが、貴重なお時間を頂いてまで訪問頂いているわけですのでケジメとして一言断っておきたかった次第です。

個人的な都合でご迷惑をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
誠に申し訳ございません。m(_ _)m

※そんなに長期間にはならないと思います。(1ヶ月程度ぐらいで更新再開してると思います...めいびー。)



あ、ブログの訪問はいつも通りやってると思います...そこはブログの更新とは全く関係ないので(笑)。



今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。


続きを読む

だから今年はなにも無し!!

日記/つぶやき/駄文
10 /31 2018
みなさま、どうもです。


チップチューンとEDMってやっぱり相性いいんやろうなあ...。
この曲に対して言ってるわけではないんですけども。^^;

最近、カナダ人の友人に紹介してもらったんですけど、『Just Shapes & Beats』がすげぇゲームだな~って物凄く感心してたんですね。
もうなんていうか、音楽と映像と空気感のマッチング度合いが半端ねえな!!と。

...まあ、僕はシューティングゲームは苦手なんでまずできませんけど(苦笑)。
(というか、視力の悪さ(片目死んでる)もあって動きの激しいゲームはできない)


基本的には「音楽にノって避ける(攻撃は無し)」だけのゲーム(笑)。
※日本でも配信されてます。(Steam / Nintendo Switch)


以下、物凄くブラックな事を書いているのでBパート(追記)に移行しました。
割と不快になれるような内容なので「それでもいいよ」って方だけご覧くださいませ。

...すみませむ。m(_ _;)m


続きを読む

top