FC2ブログ

二度あることはサンドデオワ~ル

日記/つぶやき/駄文
09 /30 2016
みなさま、どうもです。

20160926.jpg
意味深な発言で カクシンをつかないで...。
(...もう何もツッコまないよ。ーー;)


...って、そんな風に思っているんだろうなあ。
僕もドキュメントを見るたびにいつも思っているよ(笑)。

確かにそうなんですよね。
この人達にスポットライトを当てたら、この人達が主役になれる話ですから。
まあ、それは誰にスポットライトを当てても同じことが言えることですけども。

というか、個人的には「誰にスポットライトをあてても主人公になれる話」が理想ですよね。
...知らんがな、な話ですけど(笑)。


すんげぇ個人的な話(偏見)なんですけど、僕は『主人公至上主義』ってものすごく嫌いなんですね。
というか、「主人公さまだけが苦労しています/頑張っています。」みたいな物の書かれ方がものすごく嫌い。
「(頑張っとんの)お前だけとちゃうわ!!」と。

おまけにカッコいいところやおいしいところは全部主人公様が持って行ったりとかさ...ほんと、何様だよ?って。
...もうそういう作品って大っ嫌い。すなわち「クソッたれ主人公大嫌い!電気グ〇ーヴ大好き!」と(笑)。
(※注:そういう作品を否定しているわけではないので誤解無きよう。(ハタヤマがそういうの嫌いですっていうだけの話です。))

今どき、もう古臭い物の考え方なのかもしれないけど、僕は「主役は脇が立てる」って考え方が物凄く好きなんですよ...ド〇クエじゃないけどさ。

やっぱり、物語の世界って主人公一人で成り立ってるものじゃないですからね。
直接的にせよ間接的にせよ、色んな人がいてこそ、その物語が成り立つわけですから。

だから、なんか主人公様が「俺一人が頑張ってます。」「お前ら所詮脇役でしょ?」みたいな態度取られると「何を偉そうに調子のってんですか?お前が調子こいて格好つけられるのも周りがお前を立ててくれてるからやろ?それ分からんか?」って思ってしまうんですよね。
というか、お前のその突っ走った行動は周りが立ててくれなかったら単なる独り相撲でただただ痛いだけだし。
うん、「お前はもっと周りの人物に対して感謝するべきだ!」と。
(何か主人公というものに対して恨みでもあんのかなあ...。^^;)

...まあ、主人公然り、脇役にも同じことが言えるんですけどね。

でも、主役の座を奪おうと誰もが空気を読まずに目立とうとしゃしゃり出まくられるのが一番うざいんですけどね(笑)。
(それがギャグ主体の内容だったらまだ許せるけどさ。)

さて、すこし前置きが長くなってしまいましたが、この手の話のシリーズも今回でラスト。
今回は自虐ネタ(上のネタ)に関して、意味もなくぼかしつつ書いてみようかと。
(※単なる照れ隠し)

今回も無駄に長いので時間と余裕があれば”続きを読む”をポチっとなしちゃってください。
なお、上記以上に個人的(プライベート)な話なので興味が無かったらここでスルーしちゃってください。

それではそんなに気にならない話しの続きはCM②の後で(笑)。

続きを読む

top