難しいことは書いて整理せよ。

日記/つぶやき/駄文
06 /21 2017
みなさま、どうもです。

170621.jpg


「難しいことは書いて整理せよ。」

いや、本当にそうなんですよ。
最近の流行(?)で言うところの「それな。」ってやつですよ。

...まあ、「それな。」って言い方、ものすごく嫌いなんですけど。
(なんか〇〇の一つ覚えみたいに乱用されまくるとイラってこない?(笑))


解決させなければいけない問題の規模が小さければ頭の中で完結させることができるんですけども、規模が大きくなればなるほどやっぱり頭の中だけで解決させるのは難しい。
頭の中で広げれば広げるほど混乱していくと言いますか...。

そうなるとやっぱり実際に書いて残さないと整理できないわけで、実際に書いてみて、見落としていたところや新たな発見があったりします。
こういうものの繰り返しが問題解決に繋がるわけです。

でも、書いては何度も消して、また書きなおし、また消す...これを繰り返しているとどんどん紙(メモ帳やらノート)が汚くなっていって消しやすさからいってホワイトボードとかあったらいいんですけど、そんなもの置くスペースなんかありませんから...難しいですよね。


僕の場合なんですけど、直筆でメモ等を残したい時はCLIP STUDIO PAINT(もしくはgimp)を使ってます。
大抵はメモ帳に色々と書くんですが、ちょこっとの落書きで解決しないような場合はペイントソフトに頼ります。
幸いWacomのペンタブを持ってますので...いや、自慢話やないですよ。^^;


メモる内容をレイヤーで管理するとラクなのです。
必要に応じて表示させたり、削除させたりと...一時的に要らんけど後で必要やわっていうのもすぐに表示できますので。
それにデータとして残せますからね。
(必要に応じて、必要な部分だけ印刷することもできますし。)


上記の欠点としては、「まずペンタブが無いと意味がない」というところ。
まあ、これは最低条件ですので。

あとは、「ペンタブを使い慣れていないとイラッとくる」ぐらいですかね?
僕もペンタブを使い慣れていない人間なので横線、縦線をひくときに斜めになってはイラついてます。


もし、ペンタブをお持ちでしたら試してみてはいかがでしょうか?
もちろん、「使いづらいって!」といった苦情は受け付けませんけども(笑)。


今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

PAGE TOP