ただ、一つ言えることは「考えすぎると心が病んでしまう」。ww

みなさま、どうもです。

170712.jpg
ドウガサクセイ ガ ススマナイ...。


オリジナリティってなんなんやろ?

「知らんがな」な話なんですけども、これは自身の中の恒久の問題の一つであるんですね。
恐縮ながら僕も一応ものづくりをしている人間なので...。^^;

ある程度のものが標準/テンプレート化されてしまっている現代だからこそ考えなければいけない大きな問題と言いますか。
それでなくてもすぐに「パクリ!」って騒がれてしまうヒステリックな昨今だからこそ絶対に避けられない問題ですよね。


こういう事を書いちゃうとお叱りを受けそうですけど、メディアやらネットでこの手の話を見ていると「オリジナリティ」よりも「パクる/パクってない」の方が前面に出てるような気がするんですね。

そもそも、何をもって『パクリ』とするのか?
それは「言葉通りの意味」で認識して良いのか、「受け手にとって都合のいい解釈」として認識するべきなのかどっちやねん?と。

仮に「言葉通りの意味」で認識するならば、それは著作権侵害だから「けしからん!」ですよね。
立派に盗んでるわけですから。

でも、「受け手にとって都合のいい解釈」として認識するとするならば、極論が「パクリの基準は受け手の好き嫌いで決める」ってなるし、その基準で物を言っちゃうんだったらオリジナリティなんてどうでもよくなる。
だって、自分/ファンの都合さえよかったらそれで満足なんだもん...屁理屈極まりないけどさ(笑)。


まあ、そこはわりとどうでもいいんですけど、ものづくりのベース/ルーツとなる部分に対してまで「パクリ!」って騒ぐ人もおられるわけで...。
例えば、「絵のタッチがドラゴンボールのパクリ」とか「(シンプルなアクションゲームに対して)やってることがスーパーマリオのパクリ」とか。

そりゃ人間、全員の全員が天才じゃないんだから、ベース(見本/ルーツ)となるものぐらいはありますよ。
というか、そんなところまで責められたら何もできなくなってしまいますよ。

でも、重要なのってそこ(ベースの部分)じゃなくて、そこから先(オリジナリティ)やと思うんですよね。
それ(ベース)を工夫せずにそのまま表現することが問題なのであって、ベースとなる部分の先の工夫を考えないからオリジナリティの無い似たようなもの(パクリ)になってしまうんじゃないの?と。

となると、やっぱり他の物との違いを出すためにも「オリジナリティこそが重要じゃないの?」ってなっちゃうわけで...。
どこぞのクリエイターも仰ってたけど、オリジナリティは「全く新しい物を作る」ということではなくて、「他の物と比較できる違いを作る」ってことだし。
(もちろん「全く新しい物を作る」に越したことないけど、そんなん日常的に簡単にできるわけ無いんで。^^;)

なんて、そんなことを偉そうに言っちゃうと「それが簡単にできるんだったら誰も苦労せえへんわ!(※僕自身の本音(笑))」なんてツッコまれそうですけど、オリジナリティってそういう事だと思う。


まあ、難しい問題ですよね。
こういうのいくら考えても正解って言えるような答えなんか出てこないし。
たとえ自分なりの回答が出せたとしても他人に理解してもらえるような事ではないだけにモヤモヤとするだけやしさ。

というか、他人に伝えられるような答えが出てるんやったら「とっくに物を作っとるわ!」やもんね...うーん(笑)。


なんか長々とすみません。^^;

■おまけ■

クールダウン的な意味も込めて...(笑)。

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハタヤマ・ナオスケ

Author:ハタヤマ・ナオスケ
元(落ちこぼれ)エンジニア。
(※SEの方ね。)

Maxやらエフェクターをいじってるのが楽しみ。
Cubase、Liveも割とさわる。

あと、古臭いゲームも好き。
(※レトロゲーマーではないです。)

[ブログ更新に関して]
管理人の諸事情により、気まぐれで更新します。

リンク
= ブログ用 問い合わせフォーム = Chelseatones.WorksReport : contact
= Chelseatones.WorksReport =
Chelseatones.WorksReport : top
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
記事のカテゴリ
読みたいテーマを選んでください。
月別アーカイブ