うん、動画を貼りつけ過ぎな。

みなさま、どうもです。




4heroの『Loveless』。
いわゆる『ドラムンベース』という音楽に分類される曲なんですけど、この曲は人力色が物凄く強いんですね。

ところで、ドラムンベースを人力で演奏するとなんかジャズっぽく感じてしまうんですけど、そんな事ないですかね?
そんな事を思ってしまうのは僕だけですかね?^^;
(まあ、単にジャズっぽい音づかいをしているケースが多いからっていうのもありますけど)


これの逆パターンでいわゆるジャズスタンダードをドラムン/ドリルンベース化させて演奏してみたら面白そうだなあ、と個人的には思うんですね。

例えば、チックコリアの『ハンプティ・ダンプティ』とかブレイクビーツでリズムを打ち込んだら違和感なしにドリルンベース化できそうなんですけど、どうでしょう?
間違いなく初期のスクエアプッシャー(↓)っぽい感じにはなってしまいそうですけど(笑)。


まあ、そんな事したら間違いなく『ジャズ通』と呼ばれる人達にボロクソ叩かれそうですけども。
「こんなのジャズでも音楽でもない!」「ああ、ジャズ通はこんなものを音楽とは認めない!」なんて感じで...どっかのマンガじゃないけど(笑)。

うん、楽しかったらいいんじゃない?音楽は通の人達だけを喜ばせるためのもんじゃないし。

それでは今日も頑張っていきましょい。

■おまけ■

ご本人(バンド)による人力化演奏。
これは所謂『目隠しプレイ(縛り)』になるんでしょうか?(笑)

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハタヤマ・ナオスケ

Author:ハタヤマ・ナオスケ
元(落ちこぼれ)エンジニア。
(※SEの方ね。)

Maxやらエフェクターをいじってるのが楽しみ。
Cubase、Liveも割とさわる。

あと、古臭いゲームも好き。
(※レトロゲーマーではないです。)

[ブログ更新に関して]
管理人の諸事情により、気まぐれで更新します。

リンク
= ブログ用 問い合わせフォーム = Chelseatones.WorksReport : contact
= Chelseatones.WorksReport =
Chelseatones.WorksReport : top
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
記事のカテゴリ
読みたいテーマを選んでください。
月別アーカイブ