笑ってはいけない時こそ笑いたくなる。^^;

みなさま、どうもです。

170917.jpg

めまぐるしー。


いつも思うんです、パッと演奏して上の画像のように編集しなくても終わらせれるぐらいの演奏技術があればどんなけラクかって。
普段から真面目にやらないからそういうことになるんだ、と。^^;


さて、先日、歯茎を切ってきた(プチ手術してきた)ということを書きまして、ただいまお口の中が痛い状態になっているんですね。
大きく口を開けると物凄く痛いと言いますか。

何が言いたいかというと、早い話が笑えないんですね...傷口が開いてしまうから。
笑うと切ったところが物凄く痛いんです。傷口開いて血も出てくるし。

でも、「笑ってはいけない」時こそ笑いを求めてしまうんですね。
何を見ても笑いのネタになってしまうし、普段笑わないようなしょうもない事でもいつも以上に笑えてくるっていうか...。
何度笑いの誘惑に負けては痛みに泣かされたことか。(´;ω;`)

関西人の血がそうさせているのかはどうかは知りませんが、正直辛いっす...(苦笑)。
(早く傷口ふさがってくれへんかなあ...。(´・ω・`))

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハタヤマ・ナオスケ

Author:ハタヤマ・ナオスケ
元(落ちこぼれ)エンジニア。
(※SEの方ね。)

Maxやらエフェクターをいじってるのが楽しみ。
Cubase、Liveも割とさわる。

あと、古臭いゲームも好き。
(※レトロゲーマーではないです。)

[ブログ更新に関して]
管理人の諸事情により、気まぐれで更新します。

リンク
= ブログ用 問い合わせフォーム = Chelseatones.WorksReport : contact
= Chelseatones.WorksReport =
Chelseatones.WorksReport : top
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
記事のカテゴリ
読みたいテーマを選んでください。
月別アーカイブ