FC2ブログ

どう頑張っても無反省主義にはなれないんですよね。

日記/つぶやき/駄文
04 /27 2018
みなさま、どうもです。




失敗から学べる事は大量にある。

僕の場合、やることなす事が常に失敗だらけなのでそういう意味ではそこから学ばなけれいけない事が大量にあるんですね。
もっと言っちゃえば、下手すりゃこれまでの人生において失敗しかないんとちゃうか?って言えるぐらい失敗をし続けているので。
...まあ、これは本当の事と自虐ネタとの半々なんですけども(笑)。

ただ、失敗が多い分、同時に自己嫌悪的のものも同じぐらい蓄積されてしまう訳で...。
失敗に対して「やっちった...まあ、ええわ」と軽く流せる方もおられるけど、どうも僕にはそういう風には流せない訳で、ものすごく考え込んでは後に引きずってしまう。
誰に言わせても典型的なアカン流れに行ってる...うん、我ながら馬鹿だなと思いますよ。
というか、軽く流せる人がものすごく羨ましい反面、「もっと反省せえよ」と思ってしまう。
...これもあまりよろしくないんですけども。^^;

でも、やっぱり考えすぎると反省よりも自己嫌悪の方が増してしまう。
それは次回へのためどころか気持ちを前に進めさせなくさせてるだけで本末転倒もええところなんですよね。

考えるな/反省するななんて能天気な事は出来ないけど、やり過ぎもよろしくはない。
まあ、その辺のさじ加減が難しいんですけど。
というか、それができるんやったら悩んどらんわい!ってな話なんですけども。


どうでもいいけど、やっぱりJohn Beltranの音楽は好きやなあ(笑)。


■余談■
最近、改めて思ったこと。

人間、疲労が蓄積された状態のネガティブ思考は危険極まりないな、と。
後から振り返ってみると「なんでそこまでどん底な思考になってんの?」って思うような事が結構あったりしますからね。

あと、運動はポジティブになれるっていうけど、アレは本当だと思う。
というか、たかが5分でもやるとやらないでは大違いなのでラジオ体操も馬鹿にはできないな、と(笑)。

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

コメント

非公開コメント

top