FC2ブログ

とりあえず完成!...って言ってもいいのかしら?

日記/つぶやき/駄文
05 /10 2018
みなさま、どうもです。




ここ数日、なんか夜寒くない?
というか、ここ数日ほど、一日通して物凄く寒かったような気がする...。

急激に熱くなったり寒くなったりするのは本当にやめてほしいよね。
って、言ったところで人為的ではなく自然的なものだから文句を言ってもしゃあないんですけども(笑)。


そんなわけで、今回はMax/MSP(PCの)の話。
(PCのオーディオファイルを無理やりサンプラーに録音させるツール+αの話)

20180510.jpg
※画像をクリックすると拡大写真が見れます。

とりあえず、形的には出来上がりました。

まだ細かい調整やら細かい部分の試験を行っていないので「完成!」と言ってしまうには抵抗はあるけど、本来の目的である(MIDI経由のトリガーメッセージ込みで)サンプラーに音を送る事はできたのであらかた完成と言ってしまっても問題は無いかと思います。
少なくともAKAI S3000XLには問題なくメッセージ送信&サンプリングさせることはできましたのでもうええかな?と。
もう一個のサンプラー(Roland VP-9000)の方はまだテストできてませんけど。^^;
(ぶっちゃけ、「MIDIノートを送る」か「システムリアルタイムメッセージを送る」かだけの違いだけなので。)

180304.jpg
※AKAI S3000XL(下の方)

180315_1.jpg
※Roland VP-9000(下の方)


あと、加工後の音も(リアルタイム録音という形で)保存できるようにしたので簡単な波形編集ソフトとしても使うこともできます。
これはソフトウェアサンプラーやオーディオファイル(wavファイル)を読み込めるハードウェアサンプラーのための機能なんですけども。

ただ、癖やらできることに制限がありすぎてオールラウンドを求められる方からすると結構扱いづらいと思います。
というか、正直、最近の機材を使ってる人からすると、こんなの「誰得?」なツールではありますし。
まあ、これを使うのは自分を含めて内輪間程度なんで別にいいんですけども。^^;


で、残す作業でもっともめんどくさいのがマニュアル制作...。
以前作った『b-process』も何やかんや言って、まだマニュアル作ってなかったりするからなあ...。
(アレはサンプルを読込めばほぼ自動で動くソフトなので正直あまり必要ない(笑)。)

うん、マニュアル作るのめんどくさい。っていうか、マニュアル作るの大っ嫌い。ーー;

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

コメント

非公開コメント

top