魔法の言葉...「そんなもんじゃね?」(笑)

日記/つぶやき/駄文
05 /27 2018
みなさま、どうもです。




「なんで〇〇って同じような物ばかりなんですか?同じような物を見続けて何が楽しいの?」

なんて言葉、よく耳にすると思うんですね。
特にネット上だともっとえげつないものの言い方で。

でも、それって自分に置き換えたらどうなんやろうか?って物凄く思ってしまうんですね。


韓流ドラマのプロット
日本のドラマの設定や話の流れなど
ゲーム、漫画、小説の設定
アニメ、ライトノベル系などの絵のタッチやらノリ
なんか広告っていうよりも芸術作品寄りな広告デザイン
ラブソングの歌詞(「愛してる」だの「君がいてくれれば」だの)
クラブで流れてる音楽(特にミニマルテクノ系(笑))
などなど...

興味ない人からすると自分の興味のない畑のものって何を見ても同じような物にしか見えないと思うんですね。
それは逆もまた然りな話であって、好きな人からするとほんの小さな違いに対しても「全然ちゃうやん」って思えるんやろうな、と。

というか、そういう物自体がその畑における『スタンダード』になってるんやろうな、と思うんですね。
...なんて思ってしまえば(他所様の畑で)似たような物を見ても「ああ、そういうものなのね」で終わってしまいそうな気もするし(笑)。


まあ、そういう事を含めて考えると安易に他所様の畑に対して「似たようなものが多いよね」とは言えないと思うんですよね。
「五十歩百歩」っていうかさ、「じゃあ、あなたの畑はどうなのよ?」っていう。

というか、少なくとも自分の畑のことを言われて「ムキーっ!ムカつきまくりあがりーっ!!щ(゚Д゚щ)」ってなるんだったら他所様の畑のことをとやかく言ったらアカンと思う。
...いや、ほんまにさ(笑)。

※あくまでも自分の持論であって、それぞれの畑に対して批判するつもりは全くないので誤解しないようお願い致します。

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

コメント

非公開コメント

top