やらかした側がアカンのは言うまでもないけどね。

日記/つぶやき/駄文
06 /28 2018
みなさま、どうもです。




政治家やマスコミやあるまいし、一般人が魔女狩りをするが如く、他人の過去の発言をいちいち掘り起こして処刑すんのええ加減やめぇやって思うのは僕だけやろうか?

一つ発覚したらあれやこれやって出てくる(じゃなくて、出してくる)でしょ?
家の中のG(※「1匹見かけたら30匹いると思え」っていうアレ)やあるまいし「ええ加減、勘弁してくださいよ」って話ですよ。

まあ、そもそもがそういう『ヘイトスピーチ』に該当するような発言をすること自体よろしくないのは分かるけどさ、その場の勢いに乗って何でもかんでも過去を洗いざらいに掘り返しては一斉処刑する人達の姿勢は如何なものかと思いますよ。

そういうの決して『正義』ではないと思うわ。
むしろ、表現は悪いけど『火事現場の近くで別の人間が放火していく行為』に近いと思う。
...こういう言い方は非常によろしくないんですけども。--;


やらかした行為に対してお叱り/批判するのはしょうがないかなと思うんですよ。
だって、やっちゃあいけないことだから。

でも、『やらかした行為』に対してじゃなくて『やらかした人間』に対して人格否定するのはちょっとずれてるような気がするんですよ。
ネットを見てても『行為』よりも『人格』のみを否定した的外れな怒りのコメントの方が多いような気がするしさ。
例えば、某芸人が著作権侵害したあのネタじゃないけど、「著作権侵害はアカンで」というコメントじゃなくて、「こいつ、おもんない。とっとと消えろ。」みたいなコメントね(笑)。

やらかした側の人間を批判するのは勝手やけど、「じゃあ、御宅らは今の今まで何一つ差別発言/誹謗中傷的な発言してないんか?」って思うんですよ。
真っ当な感情を持った人間であれば何かしらの形で悪口/差別発言/誹謗中傷を言ってると思うんですよね。
というか、言ってる方が人間らしくて共感できるし。

でも、そういうのに対して「公の発言ではなく、オフレコだから問題ないっしょ?」とか「身の回りの人間だからアンタらには関係ないじゃん?」っていうのはおかしな話だと思うんですよね。
「じゃあ、毒抜きとして悪口/誹謗中傷すら言ったらダメなの?」って言うかもしれないけど、そんなのただの屁理屈でオフレコであろうが外向け/内輪だろうが悪口、差別/誹謗中傷してることには変わりねえじゃん?って話じゃないですか。
悪口に対する是非の問題じゃなくて、言った/言ってないのレベルの話として。
屁理屈にしか聞こえないかもしれないけど、僕に言わせりゃ何を自分の都合のいい風に正当化くれてますねんって話ですよ。
悪口を言うのはアンタの勝手だけど、そんな奴が偉そうに他人を非難するな!って思うわけですよ。


そもそもが人は他人に対して何でもかんでも優劣をつけようとしすぎなんですよ。
学校生活やら社会生活における人間関係のカースト問題だってその類やないですか。
そんなんだからすぐに差別だったりって他人を見下すようなことしかできなくなるんですよ。

「オレが正しい、お前は間違ってる」だの「自分は偉い、他人は劣ってる」だのって他人を否定する前にまずは他人を認める/受け入れる努力をしてみろ!って思うわけですよ。
他人を見下すことしかできない人間を僕は偉いなんて微塵にも思えないっすわ。

...僕自身にも言えることですけどね(笑)。


こういう事を書くといつか叩かれるんやろうなって思う。
投稿した直後に非難されるならまだしも、数年後とか忘れた頃に掘り起こされるのは正直嫌やなあ...。

そういう事を考えるとブログで何かを書くという事が正直しんどくなってくるなあ。
(´・ω・`)


最近、こういうネタの記事が続いててすみません。--;

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

お~こりゃすげぇ~!

日記/つぶやき/駄文
06 /24 2018
みなさま、どうもです。

180623.jpg


前回の記事の続きじゃないけどMusicLabの『RealStrat』を使うの図。

久々(Win8に引越しして以降使っていなかった(使えなかった)ので4年近くぶり)に使ってみたけど、やっぱりアンプシミュレータ系のプラグインがしっかりした物だったら物凄く使えるソフト音源だなと改めて実感した次第です。
あ、使ってるアンシミュはPositive Gridの『BIAS AMP』でございます。
(※音楽やってる人じゃないと分からないような話ですみません。^^;)

色々と落ち着いたら音楽の方の作業を再開しよう。
とりあえず、7月にサーバーを移行できるようにはしたいなあ...。
たぶん間に合わないと思うけど(苦笑)。

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

「しっかり目を開いて恐怖の正体を見極めろ」、と。

日記/つぶやき/駄文
06 /21 2018
みなさま、どうもです。




これぐらい演奏技術が高かったらええなあっていっつも思う。
理想は高くても現実は乏しすぎて悲しくなってくるもんなあ(苦笑)。

...うん、この人らを基準においたらアカンと思う。^^;
(これはある意味、素人がRPGゲームを作るのに完成度の水準をドラクエで置くようなものだと思う(笑)。)



とりあえず、本題に入る前にこれ(↓)を聞いてください。

※音量設定に注意して再生してください。(音がでかいので)

かなり昔に作ってた曲のラフデモ音源。
色んな事情(※一時期の「音楽に関わること自体嫌気をさした」件は抜きにして)で長年放置されている曲の一つでございます(笑)。


最近の課題として「それ、絶対に生演奏じゃなきゃあかんの?」っていうのがあるんですね。
他人の音楽がどうとかじゃなくて、あくまでも自分が作る音楽の上の話なんですけど。

何が言いたいかというと、たまにブログで自虐ネタで言ってる「演奏技術がなあ...」って話です。
「この曲に必要な演奏技術が必要水準に追い付いていないから先に進めない」っていうアホな理由に対する自身への苦言とでも言いますか。
「それ、いつまで言い続けるんです?」っていう...あまりにも個人的な事過ぎて、読んでる方からすると「知らんがな」な話ではあるんですけども。^^;


この曲でもそうなんですけど、ギターは打ち込みなんですね。
MusicLabの『RealStrat』というすんばらしいソフト音源を使って打ち込んでるんですけど、「これをギターで弾いて?」って言われると僕には無理なんですね。
何年もかけて練習してきたけど、お恥ずかしい話、僕にはどうもテクニカルな演奏(速弾きなど)は無理なようでやっぱり弾けないんですね。
「そりゃ、アンタの努力が足りないからだ」と言われれば正論だからそれまでなんですけども...(苦笑)。

でも、音として「打ち込み」よりも「生の音」が欲しいっていうのは本音なんですね。
だから「この曲に必要な演奏技術が必要水準に追い付いていないから先に進めない」っていう感じで頓挫してしまう、と。
(※この曲はそれだけが理由ではないんですけども...。(『32→64bit移行問題』で最も被害を受けた曲(笑)))

この曲に限らずそういう「(生楽器で)弾けないから...」って理由で頓挫してる曲って物凄く多かったりするわけなんです。
まあ、そもそもの話、「生の音ありきなら実現できるものを考えて作れよ」って話なんですけども。^^;
いや本当に、傍から聞いてりゃ「バカだねぇ~」って思われそうな話ですよ(笑)。


でも、「演奏技術が必要水準に追い付いていないから...」って理由で編集を頓挫させる悪い癖をいい加減やめるべきやと思うんですね。
「今ではないけど、そのうちできるようになるでしょ?」とかそんな根拠がどっから出てくるか知らんけど、「お前、それを言い続けてもう何年放置してるよ?」って話なんです。
たとえ完成したところで「〇年越しの音楽」なんて美談化されても「はあ?それ、本当にカッコいいと思ってるんですかね?」としか思えないんですよ。
(↑他人様の音楽に対してじゃなくて、自分が作る音楽に対しての話ですよ。^^;)

いい加減、そういうのを逃げ口実にするのやめて現実を見て「できる方法で作る」べきやと思うんです。
それができないんだったら未練がましいいい訳なんか並べずにとっととファイルごと削除してしまうべきなんです。
じゃないと、糞詰まりが如く、未完成ファイルと劣等感がだけ溜まっていくだけで病んでいくだけだし(笑)。


なんていうか、こういうの個人的な固定概念と下らないプライドの問題やと思うんです。
というかね、僕は出来もしないくせに「演奏できなきゃいけない(生じゃ無いといけない)」っていうところに固執しすぎやと思う。
本当に完成させたいんだったら「邪道」とか「〇〇じゃないといけない」とかしょうもない事を気にしてる場合じゃないだろ!?、と。
ほんま、「アホやなぁ」としか思えないんですよ。^^;

この先、どんな形であれ続けたいんだったらもっと現実を受け入れるべきなんですよ。
というか、『できること』と『できないこと』をしっかり見極めたうえで、マーティさんの『プチ妥協』じゃないけど『今できる確実な方法』で何が何でも作り上げなあかんと思う。
もうキレイ事なんか言ってる場合じゃないぞ、と。


と、そんなことをサーバー移行の準備をしながらずっと考えていたおりました。
物凄く個人的な話で恐縮なんですけど、これについてどっかのタイミングで真剣に考えないとサーバーを移行したところで別サイトを運営していく意味がないんで備忘録的なノリで記事にした次第です。
一応、あれでも根っこは『素材屋まがい』のサイトなので...(笑)。


......。


...やっと納得のいく形で思ったことを書けたよ。^^;
(この記事、何回書きなおしたことか(苦笑)。)


なんか愚痴っぽい話にお付き合いさせてすみませんでした。--;


今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

【修正版】毎度同じようなブラックなネタをすみません。

日記/つぶやき/駄文
06 /14 2018
みなさま、どうもです。




僕、ジャン・ミシェル・フォロンの絵が好きなんですね。
(※上の動画のアルバムのジャケットを描いた画家)

スティーブ・カーン(※アメリカのジャズ/フュージョン系ギタリスト)をご存知なら、この人のアルバムのジャケットでお馴染みの方なんですけども、この人の「冷たくも温かみのある感じ」が物凄く好きなんです。

フォロンをネタにしたかったからこの曲をチョイスしましたけど、このアルバム(The Blue Man)だとDaily Bullsって曲もアッパーな感じでおすすめ。
というか、このアルバム自体にいわゆる『ハズレ曲』(←この言葉、ものすごく嫌いだからあまり使いたくない)って無かったと思う。
全体通して物凄く聞きやすいアルバムなので個人的には大好きなアルバムです。

...うん、やっぱり絵のことよりも音の方がメインになってしまってるな(苦笑)。


以下、あまりにもブラックな内容なので追記に移しました。
「問題ないよ^^」って方だけ『続きを読む』を押してくださいませ。

それでは。m(_ _)m



続きを読む

最近、頭痛続きで頭がゴーn...(ry

日記/つぶやき/駄文
06 /09 2018
みなさま、どうもです。




知り合いがThe New Deal(※カナダのジャムバンド)が好きだったよなあ...と。
...いや、特に深い意味は無いんですけども。^^;
(僕もThe New Deal好きです。)


どうも、生きてます(苦笑)。

1週間近く更新が空いたぐらいで生存報告っていうのもなんかおかしいような気もしますが、(いろんな意味で)ギリギリの状態ながら何とか生きてますのでご安心を。^^;

ここ最近、やること...というか、やらなければいけないことが結構溜まってて、それらを1個ずつ片づけていってるんですね。
今は「別サイト」用で取得してるドメインの期限があと半月だから「これを機に、(管理しやすくするように)サーバーごと替えちゃえ!」的なノリで色々とサイト全体を修正している状態です。
さすがにテンプレート(自作)まで作り直してたら永久に終わらないので必要最低限のところだけ修正してるって感じです。
そんなにページ数が多いわけではないですが、正直、面倒です。
(何よりもやる気が...。--;)


で、話は変わるんですが...本当に買っちゃいました。 ( ๑´艸` ๑)

180609_1.jpg

180609_2.jpg

友人様もこれにはさすがに、
「このバカ、ただのネタ(※先日のお粗末な4コマ内のネタ)で言ってると思ったら本当に買いやがった...(苦笑)。」
と呆れかえられました。

ごめんね、本当に欲しかったんだよ(笑)。

まあ、そんなわけで、暇ができたら組みたいと思います。
...結構先の話になると思うけど。^^;
(時間云々以前に工具と塗料を揃えたい...。)

今回もこのような記事にお付き合いして頂き、本当にありがとうございます。

top